頭と尻尾はくれてやる!

iOSアプリなどの開発日記です


今更ですがFlex3

大きな声では言えませんが、まだFlex2SDKを使っています。

で、何を思ったか、ふとFlex3をやろうかな、なんて思いまして、あっちこっち参照しながらFlex3 SDKをダウンロード&インストールしようとしているのですが、、、
なにがなんだか、ワケワカンネって状態です。

試行錯誤の末、とりあえずコマンドプロンプトからコンパイルして、Hello WorldはOKってとこまでやってきましたが、、、
再現不能かも?!
PC乗り換えた時に再度設定するのに同じ苦労をしそうだ。


traceっぽいクラス

コードを書いていると、意図通りこの関数は呼び出されているか、とか値は正しいかとか何かと表示させてチェックします。
TextAreaに書き出してもいいのですが、場所を変えたり、大きさを変えたりしたい場合にはちょっと不便。
そんなわけで、結局こんな感じのMessagePanelクラスなんてのを自作して、そこに書くようにしています。
Panelといいつつ本体はTitleWindowクラスを使っています。
メソッドで文字を書き込むことができます。

MessagePanelクラスを使ってみた例




株チャート倶楽部

株チャート倶楽部


「株チャート倶楽部」というサイトを作ってみました。

株のチャートをたくさんサクサク見るためのサイトです。
掲示板にもなっています。

まだ修正中のところもありますが、よかったらいじってみてください。

株チャート倶楽部


なんとか2月末までには「完成!」と言えるようになりたい、、、


mxmlでもHTMLからSWFへ値を渡したい!

最近ふと思ったんですが、、、

FLASHが得る時刻というのはユーザーのパソコンの設定次第、ということでそれが実際の時刻と全く同じとは限りませんよね。

ユーザーのパソコンで得た時刻が正しいとしてコードを書くとはまるかもしれません、、、

だから、というわけじゃないですが、回避する一つの方法として、サーバで得た時刻をSWFに渡してやる、なんてありかな、と。
もっとも実際に実装したことはないですが。

こんな例に限らず、他にもHTMLからSWFへ値を渡したい時があります。

Flex2、、、つまりmxmlファイルをコンパイルしてSWFを作る場合にどう書くかをメモしました。

FLASHで遊ぼう! Flex2関連:4.HTMLからSWFへ値を渡す


Flex2でSpriteを使いたい

Flex2 SDKでもいろんなコンポーネントとか使えるらしい、ということがわかった時に考えたのが、Spriteが使えるのか?ってこと。

最初はFlex2 SDKでasファイルをいじってばかりだったわけですが、そういうのが利用できるかできないかで、かなりモチベーションが変わるなぁ、と思ったわけです。

もちろんできるわけですけどね。(^^;

そのあたりをまとめたのがこちら。

FLASHで遊ぼう!3.SpriteをaddChildしたい!




Copyright ©頭と尻尾はくれてやる!. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.