頭と尻尾はくれてやる!

iOSアプリなどの開発日記です


PHPのインストール

Localのテスト中に、PHPのhash_hmacという関数が使えなかったので調べてみると、この関数はPHPのバージョンが5.1.2~ということがわかりました。
LocalのPHPのバージョンが5.0.1だったので、当然使えなかったわけですが、いちいちサーバにアップしてテストするのも面倒なので、PHPのバージョンをあげてみました。

PHPのインストールは今までにも何回かやったことがあるわけですが、そのたびに躓くのでメモしておこうと思います(といってもこれが次回に役立つか不明ではありますが)。

参考になったのが、
2php : PHPのインストール(Windows)
というページ。
PHP4の解説だけど基本はたいして変わりません。

今回は以下のページで5.2.10をダウンロードしました。
PHP: Get Download

解説ページ通りにファイルのコピー等をして、php.iniの書き換えも終了。

さて、Apacheを再スタートし、phpinfo();でバージョンを確認。
おおお!
PHPバージョンアップのイメージ図
5.2.10の文字がまぶしいよ!

ちなみに、phpinfo();を実行するファイルには、function_existsを使い、自分がよく使ういろいろな関数がそのバージョンで使えるか?を表示させてます。
すると、ImageCreateFromJPEGとかそのあたりの関数が使えないよ、となってる、、、?

ああ、extensionの設定がまずいのか、と現在のphp.iniを参考にしながら修正。
必要そうな
;extension=php_xxx.dll
などの先頭の;を取りました。

これで、ほとんどの関数は意図通り使えるよ、という確認もOK。
ところが、どういうわけか、
exif_imagetype
という関数がまだ使えないよ、と出ている、、、?

なんでだ?
いろいろ調べてみたところ、こんなページが。
Exif 関数
このページに記述があるように、php_mbstring.dllをphp_exif.dllより先に置いたところ、無事、使用OKとなりました!

まだ、エンコードあたりで躓くんじゃないかな、という予感もありますが、それはおいおい、、、(^^;


ともかく、一応バージョンアップは終了、参考ページの著者に感謝、感謝であります。


メールは瞬間的に届くと考えているユーザに効果的な文面

1週間ほど前に「赤ちゃんの成長曲線」で、新規登録時にまずメールアドレスを入力してもらうよう変更しました。
登録作業の続きができるURLを記載したメールをそのアドレス宛てに自動返信する、というよくあるパターンです。

ところが「メールが来ません!」という問い合わせが、予想外にたくさん来るのです。

各ユーザーさんとはいろいろやりとりをしつつ、解決してきたわけですが、まとめると
(1)スパムに分類されていた
(2)本当になぜか着信しなかった
(3)問い合わせをした後にメールが来た
の3パターンがあるようです。
おそらく一番多いのが、(3)の「後でメールが来た」というケース。

どうやら、一般的なユーザーさん(このブログを読む人は一般的ではないと思われますが)というのは、メールってのはすぐに来るものと考えているようなのです。

当初の新規登録画面はこんな感じです。
新規登録画面のイメージ図(修正前)
↑このように登録フォームの下に注意書きを入れてました。
ちなみに、送信後にも同じ注意文が出ます。

でも、これだとなかなか待ってくれないわけですから、注意文を以下のように書き換えました。
新規登録画面のイメージ図(その2)
これでよくある質問のページへリンク。
リンク先で「もうしばらくお待ちください!メールは瞬間的に来るとは限りません。」とか「返信メールがスパムに分類されていないかご確認ください。」などと表示させました。

ところが、これも効果なし。
リンク先を読んでくれないのか、、、?
まぁ、1クリック余計に手間がかかりますものね、、、(T_T)

そこで、さらに以下のように書き換えてみました。
新規登録画面のイメージ図(その3)
つまり具体的に1時間と指定し、色をつけ強調したのですが、これが劇的に効果がありました!
1時間、とあると少なくとも数秒や数分で到着するものではないんだな、と認識してもらえるのでしょう。

わかりやすく伝えるというのは難しいものですね。


ちなみに1時間、というのは自分が使っている環境でテストしたところ、サーバでmb_send_mail(PHP)が実行されてから48分後にメールを確認、という場合があったからで、実際には最高でどのくらい遅れることがあるのかはよくわかりません。





岸和田の人気ケーキハウス リバージュでの意外な発見

ケーキハウス リバージュ イメージ図

先日、13号線沿いのケーキハウス、リバージュへ行ってきました。

初めて食べたのは人にもらったおみやげ。
それから、自分でも買いに行ったりして食べることがありましたが、いつも混雑してるのが納得というくらいどれもおいしいんです。


店内には飲食できるところもあり、今回初めて店内で食事してみることにしました。

ケーキハウス リバージュ東岸和田店

結構待った後に案内されたのですが、、、
店内にあるたくさんのテーブルのうち半分くらいかな、お客さんがいるのは。
不思議なことに、残りのテーブルのほとんどに、下げられていない食器が置きっぱなしなんですよ。

ようやく右隣のテーブルの食器を下げたと思ったら、左隣のテーブルに置いて、空いたテーブルに新しくお客さんを案内してました。
よっぽど人が足りてなかったんでしょうねえ。

この日たまたまそうなのか、、、普段からこうなのか知りませんが、、、
こんなの初めて見ました。


今までこういう経験したこと記憶にないんだけど、、、
いざ飲食店で下げられない食器がたくさん目に入るのって意外にも不快なんですねえ。
予想外の発見です。


分煙はされてて、店の奥半分くらいが喫煙可能のようですが、仕切りもなく、近くだと煙が流れてきます。


このお店は店内で食べるのではなく、買って帰るのが正解のようです。


意外な変更点?

赤ちゃんの成長曲線」の修正版を今週の11日(火)にアップ。

新規登録にメールアドレスが必須になって、メールアドレスとパスワードでログインする、という方式に変更。
変更前は登録番号とパスワードでログインだったのですが、これがどうも不評で、、、(^^;
結構、みなさん登録番号を忘れてしまったり、ハナから重要と理解してくれないようでした。

確かに、登録番号を使うのはこっちの都合だったし不自然であることには違いない、、、

また、パスワード忘れに何の対策もなかった(ひどい話だ!)ので、今回のメールアドレス必須化はそのための修正でもあったわけです。
つまり、よくあるように、メールアドレスを送信すると、メールによりパスワードを知ることができるようになりました。

修正からまだ48時間も経っていませんが、それほど大きな不具合は発生していない様子。
あくまで今のところですが、、、

↓新規登録はこんな感じの画面
新規登録画面のイメージ図


あ、あと、今回大きく変わったのが、メンテを日中に行ったことです。
たいていアクセスの少ない深夜にやってたのですが、前回、それで体調を崩しましてね。
もう年だね、ホント(^^;
規則正しい生活を心がけよう、ということで深夜のメンテはやめました。


岸和田のステーキハウス「Kふぁーむ」ヘ行ってきた

国道26号線と平行に走ってる13号線。
ここを走ってると久米田駅近くにKふぁーむってお店があるんです。
お店の外壁にでかでかと「黒毛和牛」「ハンバーグ」なんて書いてあって、店の前を通るたびに行ってみたいなぁと思ってまして。

ステーキハウス Kふぁーむ 岸和田店

先日、このお店にランチで行ってきました。

私はハンバーグと鶏肉のセットを頼み、1500円。
数種類のランチがありますが、どれもそれ相応の値段はします。

Kファームのランチのイメージ画像
↑ランチはこんな感じ。これは公式サイトにあった画像で、私が食べた鶏肉はこんなに大きくなかったです。

で、食べてみるとねぇ、、、
めちゃめちゃ、ウマイんですよ、このハンバーグが!
なんでこんなにやわらかいの?ってくらいやわらかい。
当たり前ですが、自分には作れません。
いや、ホント思い出しただけでよだれが出てきそうであります。

これで1500円なら買い!と思わせるランチでした。
これはもしかすると、おいしいランチを安く食べさせて、利益率の高いディナーで元を取ろうという方針か、、、?
だとしたら正解だよ、ホント。
ディナーに行きたくなったもの。
思わず、ディナー用のメニューを見せてと頼んでしまいましたもの。


ただ、惜しむらくは、分煙がなされていないので、私の背中側に座った人の煙がウザかったことでしょうか。
私は嫌煙家ですから、二度と行くことはないかと思います。
子供用のメニューも子供椅子もあったのに残念だなぁ。




Copyright ©頭と尻尾はくれてやる!. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.