頭と尻尾はくれてやる!

パソコンおやじのiPhoneアプリ・サイト作成・運営日記


iOS 5.0.1 beta 2を入れてみた

iOS 5.0.1 beta 2が出てるのでiPhone 3GSに入れてみました。
入れるためにiTunes 10.5.1 beta 2をダウンロードしましたがホントに必要かどうかは不明(テキトウだな、おい)。

iOS 5にしてから時々起きる3GSが延々と再起動を繰り返す不具合が直りますように、と思ったのですが、5.0.1 beta2でも発生しました。
ちなみに今回は開発用に入れてたけど不要なプロビジョニングプロファイルを消したら"発作"は治まりました。

あと、日本語キーボードを使う時、一番最初だけなのですが高さを認識していないような軽い不具合があるのですが、それも直ってはいませんでした。


MacでPHPをするために

今でもPHPをいじる時はwindows機でやっているのですが、できることならMacへ移行したいと考えていました。
そんなわけで、試しにMacでPHPを動かすことに挑戦してみた、というメモです。
当方の環境はMac mini (Late 2009)、OS X 10.6.8 Snow Leopardです。2GBなのでピザが頻繁にくるくる回るカワイイMac miniです、はい。

(1)まずはPHPを動かしてみる
簡単なコードでもいいからとにかくPHPを動かしてみようとGoogle先生に聞いてみたところ、下のページが。
MacOSXでPHPを使う方法 | Macのホームページ作成ガイド
このままですわ、ホント、ありがたやありがたや。
で簡単な内容のPHPファイルを適当なフォルダに置き、ブラウザで無事動いていることを確認。

(2)PHPエディタを探す
Macで動かせることを確認したので、次にエディタを探しました。
windows機ではphpspotの無料エディタにお世話になっているのですが、これMac版はないようなので別なものを物色。
とりあえず選んだのがCotEditor(無料)というエディター。

CotEditor

まだあまりいじっていないのですが、とりあえずこれを使ってみます。

(3)FTPソフト
最後に、書いたPHPのファイルをサーバにアップロードするのに何がいいかなあと物色。
結局FireFoxのアドオンFireFTPに決定。
なかなか直感的で使い勝手がよさそうで、難なくファイルをアップロードできました。

Macでメインに使っているのがFireFoxなのでこれにしましたが、他のブラウザに変えたらまた探さないとダメですが、当面はこれで。







ともにnilの文字列は同じなのか?

文字入力の前後で文字列に変化があるかないかを得るために、以下のようなコードを書いていました。
if ([newString isEqualToString:defaultString]) {
	NSLog(@"EQUAL!");
	//何もしない
} else {
	NSLog(@"Not EQUAL!");
	//保存処理
}
しかしこのコードだと変化前後の文字列がともにnilの場合に、"Not EQUAL!"と評価します。
心情的には、変化がないんだから、"EQUAL!"の方へ行ってほしいわけですが。
よって、変化がなくても保存処理へ行ってしまうという、無駄なことをしてしました。
これ、「赤ちゃんの成長グラフ」アプリの話で、先ほどバージョンアップを申請したとこですが、新バージョンでは修正しております。




Copyright ©頭と尻尾はくれてやる!. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.