頭と尻尾はくれてやる!

iOSアプリなどの開発日記です


UILabelでタイ語とアラビア語の数字をサポート

iOSアプリ「時計で遊ぼう」の時計の数字はUILabelを使っているってお話だよ。

アラビア数字の場合

↑デフォルトのアラビア数字(ややこしいけど普段使う算用数字のことだよ)で使っているのは"AmericanTypewriter-Bold"ってフォントなんだ。
画像で独特のフォントって案もあるんだろうけど、タイ語とアラビア語の数字も表示したかったからUILabelで表示したんだ。
これを画像でやろうとすると、なにかと大変でしょ?

タイ語の数字の時計

↑こっちがタイ語の数字の場合。

アラビア語の数字の時計

↑こちらがアラビア語の数字の場合。
需要があるのかは俺もよくわかんないんだけど、タイやUAEへ旅行へ行った時に現地でこういう時計を見たことがあったからサポートしといたんだ。
iOSアプリってホント世界各国でダウンロードされるしね。

タイやアラビア語圏の人から「いいね!」ってレビューと「今時そんなの使わねーよ!」ってレビューのどちらが先か楽しみにしてるんだ。


UIViewのアニメーションでどこまで描画できるか

今回のアプリのアニメーションはUIViewなどでやってるってお話だよ。

無事iOSアプリ「時計で遊ぼう」が審査通過してApp Storeに並んだのでこのアプリがらみのことをネタにしちゃうよ。
iOSアプリを作ろうかなって時にアニメーションはどうすんの?UIViewのクラスメソッド使ってなんとかなるの?それともOpenGLとか?って迷うこともあるんだろうけど、とりあえず今回のアプリもOpenGLなんて高等なモノは使ってないよ。UIViewだのCALayerだの基本的なフレームワークで描画してるんだ。

時計の針の影

↑時計の針はUIViewのサブクラスで、針が動いても必ず下側に影ができるように都度計算して描画してるんだ(んー、なんだか画像だとわかりにくいね)けど、まあスムーズに動いてくれてるよ。もっともRetinaのiPod touch (4thG)だとなんとなくもっさりしてるかもしれないけどね。

この程度のアニメーションならOpenGL使わなくてもなんとかなるってことで。


iOSアプリ「時計で遊ぼう」が審査を通過

新しいiOSアプリが審査を通過したってお話だよ。

6月29日(金)夕方に申請したのが今朝(7月12日)審査に入りその2時間後に通過してたんだ。独立記念日があったから7営業日後に審査入り、通過したってことだね。初のユニバーサルだしアプリ内課金や通信機能もあるから審査どうなるかな、と思っていたけど無事に一発通しだよ。例のApp Storeの不具合のゴタゴタで審査が大急ぎで甘くなっていたりして。

時計で遊ぼう
時計で遊ぼう

自分の子供に一時間は60分でどっちの針はこう読んで、、、って時計の読み方を教えるために作ったアプリなんだ。

今朝すでにApp Storeに並んでいるんだけど、iPadの方は検索してもまだ出てこないみたい。
おいおい動作確認等しないとね。



C言語を知らずにiOSアプリを作れるか?

iPhoneアプリを作るならやっぱりC言語はわかった方がいいよねってお話だよ。

iOSアプリを数本作ってきたけど、実は今までC言語についてはスルーしてきたんだ。
それでも自分で書く分には問題がなかったんだけど、人様のコードを読む時に引っかかることがあって最近、都度勉強してるんだよ。

ポインタ
↑このあたりのサイトがとても勉強になるんだよね。

おかげでようやく
int a = 100;
int *p;
p = &a;
なんて意味がわかってきたよ、、、ってこんなレベルでアプリをリリースしてもいいんかい?!って感じだよね。


7月の節電結果

7月初旬だけど7月分の節電結果が出たってお話だよ。

さあ7月だ、いよいよ節電しないとなって思っていたんだけどさ、関西電力のサイト(はぴeみる電)を見たら7月の結果が出てたんだよ。
どうやら7月ってのは6月1日から31日間を指すみたいだよ。

7月の節電結果

そうだったのか。まあかろうじて目標の15%減は達成してるようで、結果オーライでよしとしようかな。

それにしてもなぜ前年に比べて電気の使用量が15%ちょい低く済んだのかよくわからないんだけどね。




Copyright ©頭と尻尾はくれてやる!. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.