頭と尻尾はくれてやる!

iOSアプリなどの開発日記です


YouTubeに動画をアップしたら「著作権保護されたコンテンツが含まれています」

Switch録画にキャプチャー GV-HDREC を買ったがパススルーが機能しない

↑ここにあるようにSwitchのAMRSのプレイ動画をYouTubeにアップしたんだけど、その時に「著作権保護されたコンテンツが含まれています」という文字が目に入った。
まあそりゃそうだよね、ゲームのプレイ動画なんて任天堂の中の人が描いた画像、作曲した音楽がほとんどなわけで。

YouTubeの画面

↑クリックで拡大。結局のところ動画は公開しててもいいけど、広告が表示されてそれがこちらではなく任天堂に行くよってことらしい。
よくできてるなあ。
とりあえず俺の華麗な(大嘘)ARMSプレイ動画はそのままでも全く問題ないってことだ。


やっぱり収益化したいぞ!お金が欲しいぞ!って場合は任天堂の場合は契約すればいいらしい。
Nintendo Creators Program

Nintendo Creators Program
↑利用可能なタイトル一覧にはARMSもスプラトゥーン2もある

ただし契約するには、PayPalのビジネスアカウントが必要とある。
このビジネスアカウントを作るには法人でないとダメっぽい。このあたりが個人にはネックやな。
まあ人気のチャンネルに育てば周りがほっとかないだろうし、大抵の場合はお金になるほど視聴されないよね。それを言っちゃあおしまいか。


Switch録画にキャプチャー GV-HDREC を買ったがパススルーが機能しない

Switchの録画機能はまだ搭載されないし、他の用途にも使いたかったので、、、



↑Amazonでこれを買ったのよ。
これをNintendo SwitchのHDMI出力とテレビの間に入れるとSwitchの出力画像・音声を記録できるというもの。これでARMSやスプラトゥーン2などのゲームプレイ動画を作ったりできるとわくわくしてたんだけど、、、

これがどうも意図通り動かない。

録画しながらプレイするとテレビ画面がかくつく(これを我慢すれば録画はできる)。これを避けるためにパススルー機能が搭載されているんだけど、このパススルー機能を設定してるタイミングだとテレビ画面に何も映らない、という症状になるんよ(ただし音声は出てる)。

テレビのエラーメッセージ

↑ただ、テレビ側のエラーメッセージ「対応できない映像信号が入力されています。出力機器の設定を確認してください。」というのが表示されるのみ。
ちなみにテレビはシャープのアクオス LC-32DE5。

ファームウェアのアップデートをやって1.02→1.03にしたけど変わらず。

製造元のIO DATAに問い合わせてみたところ

・Switchとテレビの間にキャプチャー以外(スイッチャーやAVアンプなど)ないか?
・Switch側の設定は 解像度が自由、RGBレンジが自由、で確認をしている

と言われたが、Switchとテレビの間にはキャプチャーだけだし、Switchの設定も同じ。再度問い合わせると

・任天堂Switchの設定はTVが720pまでなのでキャプチャーの設定も解像度720pで設定し回避できた事例あり

とのこと。
Switch側の出力はデフォだと自由で1080になってるところを720に設定すると、、、期待通りの動作をした!ちゃんとパススルー機能が使えた!

けど、もちろん生成される動画ファイルのサイズは小さくなる。
カクカクするのを我慢して録画すれば1920x1080だけど
パススルーを使う(手動で720出力にする)なら1280x720になる。

もっともウチのテレビのモード設定で「ゲーム」というのがあって早い動きにも良いモードってのがあって、それを選択かつSDカードも速度が十分のを使えば1080でもさほど気にならないレベルになってはいる。

ただ、1080の場合、つまりパススルー機能が使えない状態の問題点は、録画しない時にもキャプチャーの電源を入れないといけないということ。
720設定で常時パススルーしておけばキャプチャーの電源を入れなくてもSwitchはテレビで遊べるけど、1080だとそれができない。コンセントを挿しっぱなしならまだマシだけど、ウチの環境ではコンセントの取り合いがあって差し替えとか必要になることもあって少し面倒になる。


使い勝手はというと、まあ慣れればなんとかなるかな?って感じ。
パススルーにしておくと録画されてるかどうかわかりにくく、この前録画してるつもりが実はしてなかったということがあった。




↑購入したSDXCカード。IO-DATAのじゃないのはもしかしたらサイズは小さい方が他にも使えていいんじゃね?ってことで。64GBで720だと約10時間くらい撮れるらしい。



↑こんな感じで動画ができる。文字とか入れてるのはiMovieで編集してる。いろいろと考慮すると720でもいいかなって気もする。画質は十分だし、メモリも食わないし、編集時の処理も軽いし。

今はニンジャラを極めようとこればかりでやってます。「とうちゃん」ってニンジャラが相手にいたらお手柔らかに。


iPhone 6の近接センサーを交換した

泉大津にある某iPhone修理屋でiPhone 6のバッテリー交換をしてきたら、電話の声がイヤースピーカーから聞こえなくなってしまった。もちろん修理屋はバッテリー交換とは関係無いと当然言う。

iPhone6のフロントパネルが浮いてる

↑こんなフロントパネルが浮いた状態で納品(バッテリー交換直後は画面が表示される、くらいしか確認しなかったので気付かず、家に帰ってから気が付いた)する業者なのですっかり信用できなくなっており自分で修理することにした。

iPhone 3GSのバッテリーが膨らんできたので交換してみた
↑ちなみにだいぶ前にiPhone 3GSのバッテリーは自分で交換したことはあったけど、今回は工具もなかったのでお店にお願いしたんだけどこんなことになるとは。

不具合の状態を再チェックしてみると、、、
普通のスピーカーに切り替えると聞こえる(イヤホンもOK)がイヤースピーカーだと聞こえない。
イヤホンジャックが故障してると常にイヤホンジャックが刺さっているとiOSが勘違いしてイヤースピーカーから音が出ないってことが起きるらしいけど、イヤホンジャックの抜き差しは検知してる。
近接センサーの動きが怪しい?5sも7+も電話中に顔を近づけると画面が暗くなるのに6だとならない(たまになるときもあるが音はやっぱり聞こえない)。
近接センサーとイヤースピーカの動きがどう連動してるのかは俺には調べがつかなかった(近接センサーが顔が近いと判断した時だけイヤースピーカーから音を出してるとすると、悪いのはイヤースピーカーではなく近接センサーなのかも)。

ということでまずは近接センサーがおかしくなってんのかな?ということでイヤースピーカーではなく近接センサーを交換してみることにした。



↑AmazonでiPhone 6用の近接センサーあたりを購入(購入したのはモノが111円、送料460円だった)。フロントカメラも付いてる?



↑工具も購入。購入時は699円。

分解工房・iPhone 6/フロントカメラ・近接センサー交換修理方法

↑このサイトを参考に作業を進めていった。感謝、感謝!

フロントパネルを剥がしたところ

↑ホームボタン近くのネジを外してぱっかーんとフロントパネルを引っぺがしたとこ。

切断してるケーブル

↑おい、待て。よく見るとすでに基盤とフロントパネルをつなぐ薄いケーブルがざっくり5mmくらい切れてるやん。
修理依頼した時にねじったのか力をかけてしまい切っちゃったのかな?
幸か不幸かこの切れてるケーブルは購入した交換部品の近接センサー、カメラにつながるケーブルである。近接センサーというよりケーブル切断が原因?

ケーブルを全て外したところ

↑ケーブルを全部外して基盤側とフロントパネル側を分離。

近接センサー取り外し完了

↑近接センサー・カメラ周りのを外したところ。

切断してるケーブル

↑やっぱり切れてる、、、なんでや、、、

新品の近接センサー

↑購入してた交換部品。平べったい状態なんだけど、iPhoneに装着するにはかなり曲がった状態にせねばならない。

固定板取り付け後

↑だからこの状態のようにイヤースピーカーと一緒に固定板で固定するのにえらい苦労した。この工程が今回一番難しかったな。
後は逆に組み立てて行って、ドキドキしながら電源を入れてみる、、、

電源入れた後

↑リンゴマークが見えた!けど喜びで写真を撮るのを忘れ、すでにパスコード入力画面に切り替わった後だけど。とにかくディスプレイはいけてる!
さらにフロントカメラも動作すること、イヤースピーカーからの音声も聞こえるようになったことを確認できた。
ということで無事に修理完了〜!


Python、datetimeの落とし穴

Pythonで日時を扱いたかったんでdatetimeなるものをいじってたんだけどさ。

date1 = datetime.date(2017, 8, 3)
print("date1 = "+date1.isoformat()) # date1 = 2017-08-03

↑これはええねん。期待通りね。

ところがここに至る前に
date1 = datetime.date(2017, 08, 03)
みたいな記述をしてたんよ。そしたら

Unhandled Python exception
Program ended with exit code: 6

とか言って落ちるんよ。これが出るとどこがおかしいのか調べるのに難儀するんだよな。
ホント厳しいのう、Pythonさんは、、、

あ、もしかしてと思って確認したら整数型に
a = 01
としただけで落ちるやん。datetimeというよりPythonの仕様なのね、、、



memo
Python 3.5.2 :: Anaconda 4.1.1 (x86_64)





Copyright ©頭と尻尾はくれてやる!. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.