頭と尻尾はくれてやる!

パソコンおやじのiPhoneアプリ・サイト作成・運営日記


メタセコイアのデータから描画してみる

メタセコイアで基本となる物体を作り、そのファイルをAS3で読み込んで、描画してみる、というのをやってみました。


まず、メタセコイアで単純な物体を作成、保存。
すると、XXX.mqoというファイルができます。
これをテキストファイルとして中身を見ると、点の座標と面の構成データらしきものがあります。

SWFでこのファイルを読み込んで、点と面のデータをベースにAS3で描画。
座標の位置がわかればそれを変換して描画、というのはすでにできているわけで、、、

こんな感じでボールみたいなのを描画できました。

メタセコイアのデータから描画してみる


とりあえず、メタセコイアで3次元空間内の点の座標を得て、それをSWFで描画、という流れはできるみたい。


ちなみに、これFC2サーバ上でやっているので、メタセコイアのデータを.txtと変更してます。
そうしないとFC2ではアップロードできないので。
というか、そうすればアップできて読み込みもできるFC2の自由度の高さに改めて感服。いいね~、FC2!
スポンサーサイト

<< ファイルが読めない、、、  TopPage  メタセコイアに挑戦 >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
https://ringsbell.blog.fc2.com/tb.php/113-6f76faff




Copyright ©頭と尻尾はくれてやる!. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad