頭と尻尾はくれてやる!

パソコンおやじのiPhoneアプリ・サイト作成・運営日記


iPhone 6のフロントパネルを自分で交換修理してみた

ガラスが破損したiPhone 6

↑iPhone 6を落としてフロントのガラスが割れてしまった。

iPhone 6の近接センサーを交換した

↑このiPhone 6は以前業者にバッテリー交換を依頼したら通話ができなくなってしまい、近接センサーを自分で交換したiPhone 6だ。



↑幸いAmazonでフロントパネルも手頃な値段で売っていたので、交換を自分でやってみようと思ったのである。

分解工房・iPhone 6/フロントパネル(ガラス)交換修理方法
↑参考にしたのはこちらのページ。ホント感謝、感謝だ。

フロントパネル取り外し直後

↑フロントパネル部分を完全に切り離した状態。ここまでは前にやったことがある。

ホームボタン取り外し直後

↑ホームボタンを外したところ。どこが分離するのかよくわからなかったがなんとか外れた。

フロントカメラ、スピーカ取り外し直後

↑フロントカメラ、スピーカーなどを外したところ。

フロントパネルのバックプレート止めネジ部分

↑液晶パネル裏のバックプレートを外そうとしたが、参考ページには6つのネジがあるらしいけど4つ(白い丸のところ)しかなかった。赤い丸の部分にはネジがなかったが、まあいいや。

バックプレート取り外し後

↑バックプレートを外したところ。
下がAmazonで買った新しいフロントパネル。

取り外した部品のまとめ方

↑ちなみに取り外したネジや部品は工程ごとに紙で作成した”ケース”に入れて置いておいた。


後は逆に組み立てていくだけだ。


ところがその時に気付いたのだが、、、

新パネルのフロントカメラ部分

↑購入したフロントパネルにはフロントカメラを位置決めするため(と勝手に思っている)の透明な部品がない。

旧パネルのフロントカメラ部分

↑元のフロントパネルには同じところに透明な部品がある。
この部品はパネルに強固に接着されてるようで取れそうにないし、取れたところで正しい位置をだせるとは思えない。

フロントカメラ取り付け部

↑とりあえず取り付けた後に横から見ると、、、すごく斜め向いてる。そりゃそうだろう。
これはフロントカメラは使えないな、と諦めた。


気持ちを切り替えて組み立てて行ったのだが、、、

コネクタの誤配置

↑フロントパネルとバッテリー側を接続するコネクタ部分の上下関係(重なり方)を間違えていた。
一番横が長いのが真ん中になってるけど、

コネクタの接続部分

↑反対側は違う。一番横長なのが端にある、、、orz
こんなの間違えてたら組みあがらないようになっているのだろう、と深く考えずに組み立てていたのだ。

そんな感じで組み立て直しもあったのだが、、、

修理完成後のiPhone 6

↑なんとか元の形にはなった。
今の所、普通に使えている。
ちゃんと会話もできるのでスピーカ、近接センサあたりも問題がなかったようだ。
問題のフロントカメラがどういうわけかちゃんと映る。斜め向いてるのかもしれないが、端っこが表示されない、とかの不具合はない。

液晶の影

↑ただ、ディスプレイやホームボタンを強く押すと液晶独特の影のような正しく表示できていない部分が現れる。前にはこんなのなかった。
また、ホームボタンが少し奥まってる気がする。
どちらも使用には問題ないだろう。

なお、前に工具を買っていたため、今回フロントパネルに付属していた工具は一切使わなかった。
その工具はこちら↓

スポンサーサイト

<< ARKitで顔を描くのにMetalのMTKViewだと白っぽくならなかった  TopPage  ビット演算子のチルダ(~)って何やねん? >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
https://ringsbell.blog.fc2.com/tb.php/1286-4b6e31c3




Copyright ©頭と尻尾はくれてやる!. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad