頭と尻尾はくれてやる!

パソコンおやじのiPhoneアプリ・サイト作成・運営日記


Swiftのextensionで += 演算子を実装する

整数などでは
age += 1
といった記述はできるのにCGPointではなぜか実装されていない。
そんな時はextension使って自作できるのがSwiftの楽しいところ。

CGPointだと + の演算子を実装するのに
extension CGPoint {

static func + (left: CGPoint, right: CGPoint) -> CGPoint {
return CGPoint(x: left.x + right.x,
y: left.y + right.y)
}
}
//使う時は
let p1 = CGPoint(x: 1, y: 2)
let p2 = CGPoint(x: 3, y: 4)
let p = p1 + p2
このように記述できる。

しかし += 演算子の場合には
p += p1
↑このように左側のCGPointを書き換える必要がある。
こういう場合はmutatingキーワードを使うんだよな!と思ったけど違った。
static func += (lhs: inout CGPoint, rhs: CGPoint) {
lhs.x = lhs.x + rhs.x
lhs.y = lhs.y + rhs.y
}
↑このように左側のにinoutキーワード追加、returnなしでいいみたい。

また一つextensionの記述方法を知ったわ。


macOS 10.15.4 Catalina
Xcode 11.5
Swift 5.2.4
スポンサーサイト




<< Number Formatter付きのNSTextFieldで入力を数値だけにする  TopPage  UIImageにもinit?(contentsOf: URL)が欲しいので自作する >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
https://ringsbell.blog.fc2.com/tb.php/1347-ff8d2157




Copyright ©頭と尻尾はくれてやる!. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.