頭と尻尾はくれてやる!

パソコンおやじのiPhoneアプリ・サイト作成・運営日記


iOSアプリ、ポケモンGO用「わざタイプ相性表」をリリース

pokegochart_iconR.png
わざタイプ相性表

ポケモンGOに登場するポケモンたちの、わざとポケモンのタイプの相性を調べるアプリです。
レイドバトルでレイドボスに有効なわざを確認したり、GOバトルリーグで「XXXが出てきた時、どのポケモンに交代すれば有利だったのか?」など復習できます。
ポケモンGOで実装されていないポケモンのデータはありません。随時追加していきますので反映されるまで時間がかかります。
このアプリはポケモンGOの一ファンが作成したもので、公式なものではありません。


スクリーンショット

↑アップしたアプリの説明文、スクショがこんな感じ。

アプリ名に「ポケモンGO」という文字列を入れられないのはAppleの規約に従ってる。実際入ってるのがApp Storeには並んでいるのだが、これは審査する人によるんだろう。前のアプリ(個体値カメラ)で「for ポケモンGO」の文字列を入れて申請しリジェクトされてるので、再度やったら何されるかわからない(アカウント剥奪が怖い)ので、今回は大人しく最初からタイトルには「for ポケモンGO」は入れてない。けどアプリ内での表示やlaunch screenには入れてる。


一昨日の夕方に申請し、今朝4時頃に審査開始、通過してた。このアプリは日本語版のみなので審査の時間ってどうなるのかと思ってたがいつも通り朝起きたら審査が終わってた、というパターンだった。


申請直前の段階で最新のデータを入れたにもかかわらず、今朝いきなりポケモンGOにメガシンカが実装され、近所のジムでメガカメックスがレイドに登場してた、、、なるべく早くデータ更新版を申請せねば。


今回のアプリ、当初はGOバトルリーグでリアルタイムで対戦してる時に使えるように、相手のポケモンや自分のチームのポケモンの交代を音声でできるように開発してた。
ところがiOSで使える本家の音声認識(SFSpeechRecognizer等による)はポケモンの名前を聞かせてもそれに近い日本語を探すようになっていた。
なので「カイリキー!」と言っても「怪力」という文字列が返ってくるのだ。
それでは「怪力」だったら「カイリキー」と変換するようにやってみようと、自分の発声で返ってきた単語を片っ端からリストアップし、

変換例

↑こんな感じで変換を実装していたが、、、あまりにもキリがない。音声だけでポケモンを特定するのは無理筋だな、と思い撤退。
ポケモンの選択は普通にキーボードで手入力とし、対戦後に復習したい時に使えるような感じにまとめた。


可能なら英語版も、と思ったもののポケモン名やわざの名称を得られる信頼できそうなサイトが見つからず結局日本語版のみになった。


アプリはportraitでもlandscapeでも可能で、レイアウト切り替えやアニメーション時の移動などはほぼAutoLayoutの制約を書き直してる。だいぶ自分の中では使い慣れてきたなあ、と感じてきたが時代はSwiftUIですか、そうですか、、、
スポンサーサイト




<< NSSegmentedControlで選択時の画像を白くする  TopPage  Appプレビュー用動画がアップロードできなかった >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
https://ringsbell.blog.fc2.com/tb.php/1356-432d25ef




Copyright ©頭と尻尾はくれてやる!. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.