頭と尻尾はくれてやる!

パソコンおやじのiPhoneアプリ・サイト作成・運営日記


NSSecureCodingでオプショナル型の保存、読み込み方法

iOS/macOSアプリでデータを保存する時に、データが色々あるとそのデータを持つクラスを作って、そのクラスがNSSecureCodingプロトコルに従うようにすることが多い。
保存の方法がUserDefaultsだろうがNSKeyedArchiverやFileWrapperなどを使おうがまあいい。ともかくクラスがNSSecureCodingに従ってる場合の話。

このプロトコルに従うとクラスはこんな感じになると思う。
class Person: NSObject, NSSecureCoding {

var name: String?
var weight: Float?

static var supportsSecureCoding = true

// save
func encode(with coder: NSCoder) {

coder.encode(name, forKey: "name")
coder.encode(weight, forKey: "weight")
}

// load
required init(coder: NSCoder) {

super.init()
name = coder.decodeObject(forKey: "name") as? String
weight = coder.decodeFloat(forKey: "weight”)
}
}
これを実行するとname: String?についてはいけるが、weight: Float?について読み込み時に
*** -[NSKeyedUnarchiver decodeDoubleForKey:]: value for key (weight) is not a 64-bit float
なんてエラーが出たりする。
まだこのエラーが出るような場合はまだマシで、ビット数を間違えてデータをメモリに展開するのかアプリが起動時に全然関係ないところで「このデータがおかしいで!」と落ちてしまう、という症状が出てた。

結局のところオプショナル型を扱う場合には
//weight = coder.decodeFloat(forKey: "weight”)
weight = coder.decodeObject(forKey: "weight”) as? Float
のようにしてやるといいみたい。
どうしてもcoder.decodeFloatを使いたいなら保存時に
coder.encode(weight!, forKey: "weight")
のようにunwrapすれば可能。もちろん変数がnilではないことが前提だけど。

func decodeFloat(forKey key: String) -> Float
確かにリファレンスだと↑このように返り値はFloatなのでnilだと返せないよな。



macOS 10.15.6 Catalina
Xcode 11.7
Swift 5.2.4
スポンサーサイト




<< NSTableViewであるセルを編集できないようにする  TopPage  NSTableViewでセルの編集をしたい時にハマったこと >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
https://ringsbell.blog.fc2.com/tb.php/1359-7a465323




Copyright ©頭と尻尾はくれてやる!. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.