頭と尻尾はくれてやる!

パソコンおやじのiPhoneアプリ・サイト作成・運営日記


Twitterのリンク先をiPadかMacで読みたい!

iPhoneのTwitterアプリで面白そうなリンク先を見つけたんだけどiPhoneじゃなくてiPadとかMacで読みたいって場合にさ、最近はSafariのリーディングリストを使ってるんだってお話なんだ。

まあ前提があって、基本的に俺はTwitterはiPhoneだけで見てるんだ。書く時も大抵iPhoneからだけど、あの字数だからまあなんとかなるよね。
iPadは家族共用なのでTwitterアプリはインストールもしていないし、iOS 5から設定アプリでログインできるようになったけどそれも使っていないんだ。子供が間違ってツイートしても困るし、自分のツイートをヨメさんに見られたくないってのもあるしね。いや、別に見られても困るようなことは書いてないけどさ。

iPhoneではTwitterの公式アプリを使ってるんだけど、誰かのツイートにあるリンク先がiPhoneだと具合い悪い時ってあるでしょ?
画面サイズの問題で読みにくいからとか、たまたま混雑してるからとか、Flashを使ってるとか、なぜか動画が再生されないとか。単に後で読みたいなんてこともあるよね。

そういう時に今までは諦めて流していたんだけど、最近はSafariのリーディングリストって機能を使うといいってことに気が付いたんだ。
手順はこんな感じ。

Twitterでwebページを表示

↑iPhoneのTwitterアプリで見たい記事を表示するでしょ。まだ今はTwitterアプリだよ。
この右下のアイコンをタップすると

リンクボタンからSafariへ

↑こんな画面が出てくるから「Safariで開く」を選択するんだ。

Safariで表示

↑するとiPhoneのSafariに切り替わるでしょ。
今度は下側の真ん中にあるアイコンをタップするとこんな画面が出てくるんだ↓

リーディングリストに追加する

↑ここの「リーディングリストに追加」ってのを選択するとこのリンク情報がiCloudのおかげでiPadやMacのSafariでも共有されて、そっちで読むことができるんだ。

Macでリーディングリストを表示

↑これはMacのSafariからそのリンクを表示させたところ。
さらにこれはEvernoteに放り込んでおこうと思えばiPadでもMacでもSafariから簡単にクリップできるよ。
上の画像ではスクショ撮影のためある程度表示されるまで待ったんだけど、実際は内容がダウンロードされる前にサクサクっと処理できるからそれほど待つ必要もないんだよ。
まあありがちなことなんだけど、iCloudによる同期ってのがすぐの時もあれば、数分後とか時間がかかることもあるんだ。その辺りは要注意だけどね(最初は同期されないからどうしちゃったんだよって泣いてたよ)。


この方法は正直手順がやや面倒で、Twitterから2タップほどでリーディングリストへ突っ込めたら最高なんだけどね。iOS 5からTwitterはiOSに組み込まれたんだから、いつかそういう風にならないかなって期待してるんだ。
スポンサーサイト

<< SAKELIFEで日本酒を申し込もうと思ったが   TopPage  アプリの無料版はお試し版ではいけない >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
https://ringsbell.blog.fc2.com/tb.php/579-4b5c5c82




Copyright ©頭と尻尾はくれてやる!. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad